小Lママpakeの日常生活&上海の思い出 (2006/08~2008/05)


by pake_93
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オアシスの森

週末に相生山緑地、オアシスの森に行ってきました。
夜9時にです。

目的はもちろんホタル・ウォッチング!

神奈川ではホタルを見られる場所がなかなかなくて
もちろん上海にあろうはずもなく
一度も本物のホタルを見たことがなかったのです。

…とここへ来て、旦那(神奈川出身)もホタルを見たことないことが発覚。
えー?ホタルってそんなに珍しいもの?
(近所にホタルが生息できそうな川がなかったというのが原因らしい)

私は結婚前はよく見ていました。
実家の前の川で、夏になると1~2匹飛んでましたから。
まぁ、ここのは放流されたのが上流から流れてきたものです。
(家の前の川も母が嫁いだ頃はドブ川だったらしいし、戦時中はそもそも川じゃなかった)
なのでちょっと車で上流に行けば、ホタルの乱舞を見られました。
シーズン時にはよく人に連れて行ってもらったものです。




ただ、名古屋のホタル、山にいるんです。
ホタルはきれいな水が流れる川にいるとばかり思っていたので
これは驚きでした。
相生山緑地のホタルは陸生のヒメボタルです。

ただ今、車が修理中で愛しのナビちゃんがいらっしゃらないので
地図見ながら「多分ここ」という場所を目指します。
行ってみたら、車がたくさん来ていました。
新聞で出たから、皆さん見に来たんでしょうね。

オアシスの森の双子池口に車を停め、懐中電灯持って山に入ります。
後から来たカップル、懐中電灯準備しておらず、
これほど真っ暗だと思わなかったようで、ビビッており
一緒に山道を歩くことにしました。

山道歩いて、山根口のほうへ。
ここまでの道はホタルは見えず。

でも山根口から雑木の遊びエリアへ向かう途中に何匹かいました。
(なので山根口から山に入ったほうがすぐにホタル見られると思います)

目を凝らすと数匹のホタルが点滅しながら飛んでいます。
光は思ったよりも結構強いです。

陸生のホタルはカタツムリなどの陸生の貝をえさにしており
(実際、案内板にカタツムリが張り付いていた)
湿気がある雑木林に生息しているそうです。
シーズンは5月下旬から6月上旬、
ゲンジボタルやヘイケボタルのような水生のホタルより早めです。
私が行ったのは6月上旬なのでシーズン終わりごろ、
また満月で月に照らされた葉っぱが光って紛らわしく
ホタルを見る条件としてはあまりよくありませんでした。
一週間前がピークだったようです。

あと水生ホタルとの大きな違いは
水生は川沿いにしかいないから比較的固まって飛んでいるけど
陸生は広い森の中に点在しているから、かなり多くいないと迫力はなさそうです。

このあと「見晴らしの丘」というところまで行って
あまり遅くなっても子供も眠くなるし
旦那も次の日、中国出張なので
引き返すことにしました。
結局、10匹ほどのホタルを見ることができました。

月明かりに照らされた山道を歩きます。
時々懐中電灯で道を確かめながら
(そうしないと時々道じゃないところを通っていることがあった)
「行きはこの道だったよね?」と旦那と確認し合い歩いていきます。

でも途中から「この道、通った覚えないよね?」という道に出ていました。
でも車が置いてある方向に向かっているし
とりあえずそんな変なところには行かないだろーとズンズン歩きます。
息子は「ねぇ迷子になったんじゃない?」とかなり不安そうです。

ズンズン歩くうち、民家が見えました。
行きは民家はなかった。
明らかに道が間違っています。
とりあえず出口があったのでそこから出ました。
大きな道まで出れば、車道通って車まで戻れるだろう。

民家の横に出て細い私道を通っていると、向こうから車のヘッドライト。
車に乗っている若者二人が話しかけてきました。
「僕たち、この新聞見てきたんですが、この道行ったらホタル見れますか?」

「見れますけど、ここに車止めると帰ってこれなくなるかもしれませんよ。
Uターンして向こうのほうへ止めてから山道入ったほうが歩かなくて済みますよ。」

「どんどん道が細くなるし、本当にここでいいのか心配でビビッていたんです!」
といった若者たちはそのまま民家へ向かう細い道に向かってしまい
そのまま出てきませんでした…。

だからそこから山道入るのは危険だってばさ!
そこから出てきた私たち、今自分がどこいるか分かんないんだから!!!

歩いていくと明るいネオンが見え、大通りがあったので
やっと自分達の位置を確認。
かなり車を置いた場所から過ぎていました。
うーん、どこで道間違ったんだろう?

車に戻るまでの道、息子はやっぱり怖がっていました。
彼は行き寝ていたので、車でその道を通ったことを知りません。
車が見えてからやっと安心して、そのまま車で寝ちゃいました。
(…というかすでに夜11時近くだったし…)

ホタル・ウォッチングの注意!
○5月末に見に行くことにしよう!
○懐中電灯は忘れずに!
○通った道はできるだけ覚えること!
                     以上!!!

***********************************

相生山緑地 オアシスの森
名古屋市天白区菅田3丁目
[PR]
by pake_93 | 2009-06-08 01:37 | 東海地区―遊び場―