小Lママpakeの日常生活&上海の思い出 (2006/08~2008/05)


by pake_93
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中文難不難?

中国人と中国語を話していて、
よく聞かれるのは「中国語は難しいか」と言うこと。

でも私はこの質問をされるといつも答えを濁してしまう。

中国語は難しいのか…。





私の印象では
中国語は中級まではかなり楽に到達できる言葉だ。

初心者は始めの発音で苦労する人が多いが、
これは聞いて口に出して、数をこなせば、それほど大した問題ではないと思う。
少なくとも、四声は聞いてすぐに同じように真似できるなら
ちゃんと聞き分ける耳を持っているのだから
いつかは出来るようになるだろう。
発音に関しては、それよりは少し難しいが、
それほど発音がよくないと自覚している私でも、
通じなくて困ったことがあまりないので、
通じる程度にはなるだけならなんとかなるということだろう。
結構、四声がきちんと出来ていると、
発音が少しいい加減でも普通に通じているようだ。
(↑いやなるべくいいほうがそりゃいいと思うけど)

大体、中国人でも私より発音が悪いの、結構いるし(爆)。

(特に南はねー、北だと発音にちょっとうるさいかも)

中国語の文法はとっても楽。
順番が決まっているし、動詞は変化しないし。
基本的なことを覚えておけば、ほとんどそれを応用するだけ。

では漢字は?
これは、もう日本人ですから、漢字を書くのは慣れている。
日本と違う部分もあるからそこは注意するけど、
自分の中で日本の漢字のほうはきちんと確立されているから
そこに中国の漢字が入ってきても、それほど混乱はない。
略し方もパターンがある。
読みに関しては、中国の漢字は日本と違い、
読み方が多くは一つだけ、いくつかあっても意味によって読みが異なるので
文脈を見れば、読みの見当はつく。
読みに決まりのない日本の漢字を勉強する外国人は大変だろうといつも同情する。
それに偏が違っても作りが同じだと、読みも似ている(これは日本の漢字も同じ)。

単語に関しては、覚えなきゃいけないけど
これも日本と共通のものも結構あるので
他の外国人中国語学習者に比べると、日本人はかなり得をしていると思う。
だから、中国語が分からない人でも筆談でどうにかなったり
字を書いてもらえば意味が理解できたりするのだもの。
(意味が違うものもあるのでそこは注意が必要)

なので、正直言って
私は自分のレベルが中級くらいまでだった頃は
それほど中国語を難しいとは思っていなかったのだ。
少なくともちょっとした日常会話をしたり
自分の思っていることを話すことが出来るようになるのは割りと楽。
(聞くほうが話すより難しかった)

ただ中級くらいになると壁に当たる。
中国語を話すこと自体はそれほど難しくない。
日常会話も出来る。
文を見ても、大体の意味は理解できる。
中国語を使って生活することにそれほどの大変さはない。

でも、自分が伸び悩んでいるのがはっきり分かるのだ。
例え、中国語を話し、中国語で文を書いていても
その中国語が中国語らしいかどうかになると話は別だからだ。

私は母国語が日本語でずっと日本語を使って生活してきているので
日本語のパターンが中国語にも出てきてしまう。
中国語がいかにも日本人らしい、日本語を直訳したような中国語になる。
それでもまだ中国語だけで考えているときは少しはましだが、
とくに日本語から中国語にするときには、
どうしても元の日本語に引きずられて、中国語が日本語っぽくなる。
(もちろん、逆に日本語が中国語に引きずられるときもあるが、
日本語のほうが得意なのでそれほど程度はひどくない。)

言葉というのは、
どうしてもその文化や習慣の影響を受けるので
その背景を共有していない外国人が話す言葉は、
現地の人の言葉とはどうしても違ってくる。
より、その言葉らしく使いたいと思えば、
その言葉を話す人たちを理解し、歴史や文化を学ぶ必要がある。
それが、やはり外国人の身では、正直大変。
その国の人が、それまでの人生で学び身につけたことを
今から学ばなきゃならないんだから。

特に中国語は知識レベルの違いによって言葉使いが違う。
文学的な文、契約書などのビジネス文書、もっと気軽な友人同士の言葉、
場面場面により使う言葉は違うし、それを的確に使い分けるには
やはりたくさんの中国語に触れないと、なかなか…。
私のレベルは外国人の中国語としてはまぁまぁかもしれないが
母国語レベルなら子供の書く文章くらいなんだろうか…。
(小学校高学年か低学年かでまたレベルが違うけどさ。)

言葉って、それに相当する丸っきり意味も用法も同じ言葉は
一部の名詞くらいじゃないんだろうか。
一つの単語でも意味や使い方がいくつかあるから
この使い方や意味のときは、中国語なら「これ」という風に
使う場面によりそれぞれ対応する言葉が違うもの。
下手すると、それに対応する単語がない場合だってある。
だからこそ、機械翻訳にかけても意味の通らない訳文しか出てこないんだろう。
辞書をひいても用例はのっているけど、全ての用例が載っているわけじゃないから
やっぱりその単語の持つ感覚を感じ取らなきゃならない。

語学ってどんだけ勉強しても、到達する感じにならないし
奥が深すぎて、先が見えない。
いったいどの程度使えるようになれば、
私は「○○語が出来る」と胸を張って言えるようになるんだろう?
(今は仕事もしてないので日常生活を送る分には全く困っていないのが
また更にやる気をなくさせるんだけど…爆)


で前置きがとっても長くなりましたが、
とりあえず最近、とっても納得のいかない言葉が
「低头」と「抬头」。
普通に考えれば「頭を下げる」「頭を上げる」なんだけど
どうやらこれは
「頭を身体の前方向に動かす動作」
「頭を身体の後ろ方向に動かす動作」の意味なんではないかと…。
だって仰向けになった状態だと「低头」で頭を上げて
「抬头」で頭を下げているんだもの…。
結局、頭に思い浮かんだ日本語にイメージが引きずられているだろうな…。

ホント、どんだけやっても分からないことがいくらでも出てくるんだわ。
それが分かっているのに今は勉強、すっかりサボってるんですがね。
うーん、そろそろ真面目に取り組もうかな…。
[PR]
by pake_93 | 2006-09-24 03:48 | 雑談