小Lママpakeの日常生活&上海の思い出 (2006/08~2008/05)


by pake_93
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月4日、上海へ戻る日です。

空港からホテルまでの送迎付きのツアーだったので
帰りもホテルへバスが迎えに来る予定になっており
その時間帯は行きに空港からホテルへ送ってくれるバスの運転手へ
聞くようにと言われていました。
が、実際に聞いてみると「知らない。そのうち連絡があるから。」………。

まぁ向こうは私の携帯も知っているはずだし
連絡があるだろうと思ってはいたものの4日は朝8:20の便。
3日の午後になっても連絡がないのでちょっと焦り
旅行社へ電話をかけました。
緊急連絡先として載っている現地旅行社の担当からは
「僕は知らないけど、明日の運転手の携帯番号教えるから、連絡してみて。」

運転手に連絡すると、すっごい四川なまりで聞き取りが結構大変。
「俺が運転するのは個人の送迎車じゃなくて大型バスだよ。
え?ツアー参加者なのか。時間はまだ分からないからまた連絡するよ。」

夕方近くなって、また電話がありました。
今度は若い女性。
「行きに迎えに行った者です。明日は6時に迎えに行きます。」

空港まではホテルから一時間半。
出発1時間前までに搭乗手続きとしてぎりぎりの出発かな。

↓「上海へ帰る日の出来事」を読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-04 00:49 | 旅行記
5月3日、上海へ戻る前日、黄龍へ行きました。

バスのチケットは前日に購入済み。
7時のバスなので、朝食後そのままタクシーに乗り
バスターミナルへ行くことにしました。
(歩いても行ける距離だったが、歩き疲れていたので)
ちなみにバスのチケットは大人片道38元、子供は半額でした(別途保険料)。

バスターミナルは九通宾馆というホテルにありました。
出発10分前に着くように言われていたので少し早めに。
黄龍行きという看板が前についているマイクロバスがあったので
それに乗り込んだら「これは6時半出発のやつ」でした。

…10分前まで来るんじゃなかったの?
すでに6時半過ぎているんですけど…。

仕方なくチケット売り場内にある待合室で待つことに。
…待合室といってもちょっと広いスペースにボロソファーが置いてあるだけですけど。

結局7時頃にやっとバス到着。
別に10分前に来なくても間に合うじゃん。

バスに乗り込みやっと出発。
運転手さんの知り合いなのか中学生くらいの男の子が
魔法瓶を持って乗り込み、そのまま一番前の座席に座りました。
座席指定で順番通り売っていくため、
バスの座席が向こう側とこちら側で離れてしまっていましたが
ほかの離れてしまった人たちと座席を交代して前後の3席を確保。

バス内は朝早かったためか朝食を食べる人たちもいて
そのゴミをそのままバスの通路に置いてしまうのにちょっと閉口。

黄龍まではバスで3時間半。
途中4000mの山越えがあります。
山の山頂に近づくにつれ、周りがどんどん雪景色に変わっていきます。

↓続きを読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-03 00:35 | 旅行記
九寨溝に着いた5月1日、
九寨溝観光をしてホテルに戻り、やっとチェックインしました。
(ホテルに着いたときには午前中だったため、チェックインできず荷物だけ預かってもらった)
ベルボーイのお兄さんが荷物を持って部屋まで案内してくれたのですが、
このホテルでチベット族羌(チャン)族歌舞団によるショーが行われるので
行ってみてはどうか?と言われました。

開始時間を聞くと7時からで、ショーは二時間とのこと。
料金は大人180元で子供はタダ。
「あと15分で始まるし、私たちまだ夕飯も食べていないんだけど。」
「大丈夫。二時間だから9時には終わります。
ホテルのレストランは10時までやっていますよ。」

まぁせっかくなので行ってみることに。
お金を渡せばお兄さんがチケットを部屋まで持ってきてくれるとのこと。
お兄さんの手数料がプラスされるのかなーとチラッと思いましたが。

5分ほどしてお兄さんがチケットを持って部屋へ来たので会場まで案内してもらいました。
会場入り口では民族衣装を着た歌舞団の団員の人たちが
白いハタを首にかけてくれます。
このハタとはシルクで出来た長いスカーフのようなもので
チベット族が歓迎の意を表すときに客人の首にかけてくれるものです。
昔、西寧の民族学院へ遊びに行ったときに
チベット族の学生から首にかけてもらったことがあります。

全席座席指定なのでチケットに書かれた座席に着きます。
チケットは中国語・チベット語表記でした。
入場における注意時事項もチベット語のあとに中国語。

↓続きを読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-02 21:38 | 旅行記
いよいよ下半分の树正沟を見て行きます。

5月1日にバスで諾日朗服務中心まで降りた後。
今度は徒歩で散策道を通り諾日朗瀑布まで行きます。

诺日朗瀑布(Nuorilang Fall)
c0090374_1826517.jpg

諾日朗とはチベット語で「男神」の意味。
300mに達する九寨溝で最大の幅の滝は、壮大な男らしい滝。


↓樹正溝を読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-02 18:22 | 旅行記
前日、諾日朗服務中心から下を見て回ったものの
実は時間切れになってしまい、
続きは次の日に持ち越しとなってしまっていた。

そして翌日、
まずはその翌日に行く黄龍行きのバスチケットを購入してから
九寨溝溝口へ。

なんだか、今日は前日と比べ物にならないほどの人ごみ。

それもそのはず。
この日は5月2日だから。

中国は5月1日から連休。
この九寨溝へ来るにはまず成都に行き、そこから飛行機かバスが一般的。
重慶や西安からも飛行機がありますが本数が少ない。

つまり連休始めの日は移動のみで
実質的にはその翌日から観光というパターンになる。
なので昨日の夕方頃に九寨溝に着いた人たちが
今日、九寨溝観光に押し寄せてきていたということ。
特に翌日の無料入場が出来ないGWは
朝から来て一日で観光を終えようとする人たちでいっぱい。

この日の入場券は旅行社を通じてすでに予約済み、代金も支払い済みなので
チケット売り場で予約番号を伝えて、チケットをもらった。

↓「日則溝」を読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-02 15:52 | 旅行記
九寨沟は1992年に世界遺産に登録。
「黄山归来不看山,九寨沟归来不看水」
(黄山より帰りて山を見ず、九寨溝より帰りて水を見ず)
との諺があるくらい、とにかく「水」の美しさを見る場所。
九つのチベット族の村(寨)があるY字になった渓谷(沟)で
この9つのうち、3つの村が観光客に公開されている。

九寨沟は入場制限があるとかで
あらかじめ旅行社を通じて次の日の入場券を予約してあったのだが
旦那が一日では見終えそうにないから今日も入りたいと言い出した。

九寨沟は普段、入場券を購入して証明写真を撮影等の手続きを行うと
次の日も無料で中に入れる(免费二次进沟)らしいのだが
GW期間中はそれが出来ない。
案内センターの人に聞くと、一日でも回れるわよーと言われたのだが
旦那がお金払ってでも二日間行きたいとダダをこねるんだもん。
更に「出来れば徒歩で回りたい」と言うのだが
案内の人に聞くとY字の片方の端まで行くのに片道徒歩4時間。
絶対、無理。
それはあきらめてもらう。

そして入場料220元+バス代90元の大人1人分310元を支払い入場。
ちなみに子供は130cmまでタダ。
↑ちなみにこれは繁忙期(4/01~11/15)の値段。
閑散期(11/16~翌年3/31)は入場料80元、バス代80元。

↓「九寨溝景区內」を読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-01 23:54 | 旅行記
ゴールデンウイークです。
ここ中国も5月1日のメーデー休み3日間に
土日休みプラスして
5月1日(火)から7日(月)までの7日間の連休です。
その代わり4月30日まで8日間連続勤務だけどね。

我が家も連休中、旅行に行ってきました。
行き先は世界遺産の四川省・九寨溝。

30日午前中荷造りをして家の整理を済ませ
(私はいつもぎりぎりにならないと旅行準備ができない)
午後、浦東空港へ向かう。
この日は3時間飛行機に乗って四川省成都の双流国际机场へ。
実は私は初めての四川。
意外と有名な観光地には行ったことがないもので…。

今回は成都ではホテルに一泊するだけで観光する時間は全くなし。
少しだけホテルの周りを歩いたけど、成都って結構大都市なのね…。
でもこの日は私の誕生日だったので
少しはまともな食事をしようと宿泊していたホテルの屋上の回転レストランへ。
…といっても3つ星ホテルなので、高級感はなし。
私の誕生日は大抵いつも移動日になってまともにお祝いをすることが少ない気が…。
(去年はコタキナバルに到着した日でした)

せっかくの四川なので四川料理を注文したのだが
思ったより全然辛くなかった。
上海で食べる四川料理のほうがずっと辛いかも。
観光客向けにマイルドに作られている?

↓2日目を読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-05-01 02:38 | 旅行記

三亞遊記―南田溫泉―

三亜には何箇所か温泉もあります。
その中でも一番施設が整っていて有名なのが「三亚珠江南田温泉度假区」。
「神州第一泉」(中国一の温泉)と名高い南田温泉は三亜市街地から車で30分、
亜龍湾から車で25分の場所にあります。

大东海の珠江花园酒店からと
亚龙湾の天域度假酒店、金棕榈度假酒店から無料シャトルバスが出ています。
亜龍湾からは16時と21時の二往復だけど、
大東海からは一日何便も出ています。

↓続きを読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-04-09 17:43 | 旅行記

三亞遊記―天鴻渡假村―

今回泊まったホテルは「天鸿渡假村(Tianhong Resort)」。

亚龙湾に泊まりたくてホテルを探していたのですが
宿泊者のレビューでの評価が高く、
こじんまりとしたホテルで景色が良いと書かれていたので
興味を惹かれ、ここにしました。

↓続きを読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-04-09 02:59 | 旅行記

三亞遊記―出發之前―

4月に入って4泊5日、子供と2人で旅行してきました。
行き先は海南島・三亜。

飛行機のチケットとホテルだけを予約した行き当たりばったり旅です。

海南島は初めて!
子供が喜びそうな場所…ということで
そりゃ、海でしょ!と三亜に決めました。

↓続きを読む↓
[PR]
by pake_93 | 2007-04-09 01:16 | 旅行記